ロデオドライブのあとはLAメモリアルスタジアム(LAオリンピックのメイン会場)とカルフォルニアサイエンスセンターに向かいます。(この2つは同じ場所にあります)。なぜ、ここに行ったかと言うと、カルフォルニアサイエンスセンターには退役したスペースシャトルのエンデバーの実物が展示されているとのこと。男として、行かない理由はありません。

カルフォルニアサイエンスセンター到着。
P1010499
ただ、その前にお昼ごはん。ホットドック6ドルです。
P1010501
いざ、LAオリンピックスタジアムへ!
P1010506
P1010514
からの、カルフォルニアサイエンスセンター!
P1010516
P1010518
カルフォルニアサイエンスセンターはエンデバーが展示されているだけではなく、人体や科学についての科学館になっていました。本心としてはエンデバーしか興味がないのですが、とりあえず全部見に行きます。

下記に並べた写真は時系列(経路通り)になっています。最初にスペースシャトル系が来たと思ったら、ハリケーンシミュレーションや妊娠○週目の胎児の大きさという人体系が現れます。
P1010519
P1010624
P1010521P1010529
P1010523
俺は人体系よりエンデバーに会いたいだ!と思ったら、突然スペースシャトル系に戻ります。
P1010531
これ、スペースシャトルのタイヤ。触れます。
P1010532
スペースシャトルの打ち上げセンターのレプリカ。
P1010534

エンデバーに会えるまで、高揚感が高まります。次のZONEに行きます。

P1010555
P1010556
あれ、自然科学系に戻るの・・・・?まさかの自然科学系が続きます。
P1010560
P1010563
P1010561
P1010565


なかなかエンデバー会わせてくれません。。。そろそろエンデバー会わせてよ!って思いつつ、どうせまだ会えないでしょと思ったら、


P1010577
P1010584
P1010574


超絶想定外。まさか水族館ZONE。エンデバー会わせてもらってないのに、この水槽でテンションが上げさせらている自分に複雑な気持ちなります。

次はここですと、小さな扉に誘導されます。
P1010617



正直、歩き疲れもして来ていました。流されるままに、扉を出て、次の扉に入ると、


どかーん、



P1010609

鳥肌経ちました。焦らされた分、感動がすごい。
P1010588
P1010603
P1010606

この会場の壁面には過去のスペースシャトルの打ち上げの歴史が説明されてました。そして、爆発してしまったチャレンジャー号のことも描かれていました。
P1010602

もう満足です。でも、終わりではなかった。外に出ると、バカでかいオレンジ色の物体があります。これ、スペースシャトルの燃料タンクだそうです。
P1010623

やっぱり宇宙はロマンですよね。問答無用でかっこいいです。そして、最後に言いますが、この科学館入場料0円です。アメリカ太っ腹。

このあとローズガーデンとアメリカアフリカン博物館に行きました。ただ、エンデバーのインパクトが強すぎて、情報があまり入ってこなかった。とりあえず写真だけ残してみます。

ローズガーデン
P1010632
P1010636

アメリカアフリカン博物館

この時点14時くらい。いったんホテルにチェックインするためにホテルに向かいます。

続きはこちら→DAY5 ロサンゼルス周遊③【ロングビーチ】